いわて北三陸るくる!?
東京から岩手県久慈市に移住して「北限の海女」
になった藤織ジュンが主にこの地域の魅力を伝えるブログ\(‘jjj’)/
☆北三陸(久慈市広域)=久慈市・野田村・普代村・洋野町・田野畑村☆
北三陸くるくる バナー PNG.png

インプットとアウトプット

こちら、尊敬するアフロマンスさんのツイート。

これに頷きすぎてしまった。

私は久慈市に来る前は東京で演劇の舞台に立っていた。

演劇を見るのも好きで、

あと邦画も好きで、

ガンガン見すぎたせいで、

自分が自分の良しとするレベルの芝居ができないことにイライラしていた。

頭ではわかるのに、感。

そして、もう自分の好きな芝居は自分ではできないと思った。

もう完全に演劇はやるより見る方が好きになっていた。

演劇以外の道を探した原因はまさにこれだったと思う。

結果、

全くインプットの無かった海女やMC業、イベント出演は

考えすぎなかったためか、

抵抗なくできた。

中学校の頃、先生に

「好きなことだから仕事にしない、という道もあるぞ」

と言われたことの意味がやっと理解できた。

今、未知カンはグッズ販売を覗けば

『自主事業』というものがない。

来た仕事をとにかくやる。

それでもなんとかやれているからありがたい。

でも

『北三陸をもっとオモシロく!』

を実現しようとするならば自ら何か頑張り出さなきゃいけないじゃないか。

では、藤織は“何をしたいのか”

今、それに答えられない。

土日イベントやライティングが主な仕事だから平日昼間は暇なときも多い。

でも何かを始められなかった。

地域おこし協力隊のとき忙しかったから、燃え尽きた感もある。

ひとつ事業をポシャってから

なかなか新しいことに挑戦する気持ちが沸いてこない。

とある社長さんに

「やる気出るまで寝てればいいじゃん。それでも生きていけるなら、ゴロゴロしてればいいじゃん」

と言われ、

素直にゴロゴロしていた。

もしかしたらその意味は