合同会社プロダクション未知カンパニー

岩手県久慈市長内町23-5-51くまちゃんはうすD

TEL/FAX 

Mail kuji.amapr@gmail.com 

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black YouTube Icon
  • Black Instagram Icon
いわて北三陸るくる!?
東京から岩手県久慈市に移住して「北限の海女」
になった藤織ジュンが主にこの地域の魅力を伝えるブログ\(‘jjj’)/
☆北三陸(久慈市広域)=久慈市・野田村・普代村・洋野町・田野畑村☆
北三陸くるくる バナー PNG.png

観光PRとは、なんだ。

October 3, 2018

観光PRとは何か

地域おこし協力隊としての
私の任務は
『北三陸地域の観光PR』
でした。

海女もPRの一環として行っているというスタンス。
SNSやイベント企画も目的は観光PRです。

地域おこし協力隊になりたての頃は
「地域を盛り上げる」
をするのが地域おこしだと考えていて
経済効果や成果についてはほぼ考えていませんでした。

イベントやればいい!
盛り上がったらいい!!

そう思っていたのですが、
それはあまり意味がないと気づきました。

一瞬盛り上がった気になっても、
それが地域にとって、その後に繋がらなければ意味がない。
お金をもらう以上は成果を出すのが仕事。少なくとも成果を狙ってするのが仕事。


「地域に自分がもらっている報酬以上の経済効果をもたらすこと」

結局のところ、これが地域おこし協力隊というもののミッションであります。

そう思ってからイベント企画は参加者に久慈市をPRしてもらうとか、その他の仕事も経済的な所を意識しました。

しかしながら観光PRというのは、
なかなか成果が数字やお金として換算しにくいもの。

Facebook閲覧数や
テレビ取材の数………
それなりに成果を出しているような気がしても
では、
仮にテレビやSNSやイベント出演などをやらなかった場合どのくらい経済的差が出たか。

それはどうしようも比べられません。


観光PRとは経済効果がイマイチわからない仕事………
となると、
市や県などからの案件を覗いて観光PRなどという曖昧な仕事にお金をかけてくれる企業はなかなかないでしょう。

いやもちろん、
企業に経済効果をもたらす活動の一環としての観光PRはできるでしょうけども。

一周まわって私は、
観光PRは経済効果を生み出すことに直接関わらない、ということは、

地域おこし協力隊の間だからこそできる仕事なんだ!
と思ったのであります。

私が急に、
「台湾に行きたいワン!」
などと言い出したため、
大人の方によく言われているのが、

「台湾に行って何するの?」

です。いや、わかります。

11月末で地域おこし協力隊を卒業するため、卒業後稼げる手段をどんどん作るのが今大事なこと。

でも、
地域おこし協力隊の間は、経済効果が明白でないことにも挑戦できる期間でもあります。

その間に、
台湾に行って、
たくさんの台湾の方々に海女の格好で笑顔を振りまくことは、
今しかできないのです!!

今までやってきた観光PRの仕事たちはちょっとずつ形を変えて稼げる形にしていきますが、できなくなることもあるということです。


だから今のうち、
観光PR、やらせてください。

台湾に行ってみたいです。
いや、ほかの場所にも沢山是非!


そうこう言ってたら
10月・11月の土日が何かしら(仕事)でほぼ埋まりました。

ツミ。 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Follow Us
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon