いわて北三陸るくる!?
東京から岩手県久慈市に移住して「北限の海女」
になった藤織ジュンが主にこの地域の魅力を伝えるブログ\(‘jjj’)/
☆北三陸(久慈市広域)=久慈市・野田村・普代村・洋野町・田野畑村☆
北三陸くるくる バナー PNG.png

歌手になろうなんてさらさら思ってない。

ついに、

ついに、

ついに、お歌を出しちゃいました。

どうにも人前で歌うのは苦手で、

一人カラオケは大好きだけど

声が低くて幅もなく、

音をとるのも上手じゃないのが私です。

N⚫Kのど自慢はPRのためと思って物凄く勇気出しました。

それでも、

役者時代からずっと、

海女に至る今も思うこと。

ステージとか、

何かのタイミングで

パッと披露できるものがない。

↑これが、とてもネックでした。

そこで1番に思いついたのは

「歌」です。

でも苦手な歌から逃げたくて

「漫談」や「手品」も考えましたが

失礼ですが1番簡単なのが「歌」だったんです。

比較的簡単に人に見せられて、

奥が深いのは100も承知だけども、

披露する場において大概は技術よか

"がんばってる”“盛り上げてる”

“面白い”“カッコイイ”

みたいなことがその場では重要なのが歌。 

上手な歌であることが重要な場なんて私には無い。

けど、私が歌ったらいい場はある。

のど自慢だってそうだった。

私が歌上手いと思われる必要なんて無いのだ。

私は海女の格好で、

「東京から移住して海女やって久慈最高!」って笑うのが大事なんだ。

そうだ、

私さえカッコつけなければできる。

それに1曲作ってしまえばこっちのもんさ、と。

今の技術を駆使してなんとか聞ける形にしてもらえば、って、

地域の歌を歌えば色々使えるよなって、

もう歌を作るべきに思えてならなかったのです。

世に出す今日まてドキドキでした。

というか今も自分で聞いて汗が出ます。

いい歌詞は書けたように思う。

評判はなかなかのようだし。

今度は人前で生でも歌えるようにがんばる。